【最安値】ラスベガス発アンテロープキャニオン日帰りツアー

$275

アンテロープキャニオンのアッパー、ローワー2ヶ所を一気に攻略します。グランドサークルの観光スポットとしても有名なアンテロープキャニオンを日帰りで行く充実ツアー!

予約する

最安値 ラスベガス発アンテロープキャニオン日帰り 日本語ガイドツアー

最少催行人数 2名
催行日 毎日
所要時間 約15時間
ガイド 日本語
料金 大人・子供共通:$275 【最安値!!】
料金に含まれるもの 日本語送迎ガイド料、税金、ジープ代、昼食
キャンセルポリシー 10日前まで無料、それ以降100%請求
集合場所 ラスベガス市内 ホテル

スケジュールツアーの見どころ
4:00

ホテル出発

*歩きやすい服装、靴でご参加ください

6:00 お手洗い休憩 ハリケーン
9:00

グレンダムグレンダム

グレンキャニオンにできた広大なレイクパウエル。この人工の湖を作り出したのが、レイクパウエルの一番南端にあるグレンダムです。

9:30

ラスベガス発 アンテロープキャニオン 格安帰りツアー 日本語ガイドアッパー アンテロープキャニオン 
ジープツアー

アンテロープキャニオンでは現地ナバホ族のガイド案内(英語)無しでは観光出来ないため、 日本語通訳兼ガイドの同行案内が必要となります。現地に精通した熟練ガイドが アッパーとローワーアンテロープキャニオン共にご案内させて頂きます

11:20

ローワー アンテロープキャニオンアンテロープキャニオン ロウワー

鉄砲水によって創り出されたアンテロープキャニオンは一度、雨が降りますと逃げ場が無くなってしまいます。したがって上流の方で雷が鳴っただけで、この場所は進入禁止となってしまう事がございます。天候等によるツアーキャンセルの場合の返金等はございません。また、トレイルを歩きますので歩きやすい靴で参加していただくようお願いします。

13:00

ペイジ 昼食 

ペイジはアリゾナ州に位置する人口約7千人の小さな街です。ネイティブアメリカンの約550以上ある部族の中で一番大きな部族「ナバホ族」の居留地 です。驚くのは、アメリカ政府ではなくこの地域の運営と管理をしています。

14:00

ホースシューベンド観光 約30分
グランド・キャニオンを作り上げたコロラド川が、およそ300°近くも湾曲している場所が、ホースシュー・ベンドです。駐車場から約15分歩くと、ただただ続く平地が一気に300mも落下している崖にたどり着きます。

 

ラスベガスに向け出発

17:00 ハリケーンにて休憩
19:00 ラスベガス 到着
  • 天候及び不測の事由により、観光ポイントや休憩場所が変更になることがございます。その場合の返金は致しかねます。。
  • 交通事情や天候や観光地の混雑などによりホテルの到着が遅れる場合がございます。ツアー後の予定に支障が出た場合の保障は一切致しません。
  • 行程内の時間は若干の変更がございますこと予めご了承願います。
  • 長距離を陸路で移動する為、車酔いのしやすい方、安定期でない妊娠中の方、小さいお子様のご参加はご遠慮下さい。
  • キャンセルポリシー:催行日の10日前まではチャージされません。それ以降は全額請求となります。
  • 悪天候の為アンテロープキャニオンの観光が中止になった場合は、帰路ザイオン国立公園に立ち寄り(車窓)ラスベガスへ戻る行程となります。その場合の返金はございません。
  • 2歳以下のお子様はご参加できません。

 

ロサンゼルス発のアンテロープキャニオンツアーってあるの?

ロサンゼルス発のグランドキャニオン日帰りツアーはありますが、アンテロープキャニオンツアーは出ていません。ロサンゼルスに滞在している方で、せっかくならアンテロープキャニオンにも行きたいと思われる方も多いです。方法としては、一旦ラスベガスへ移動しそこから現地のオプショナルツアーに参加する方法が確実で安く参加できます。ロサンゼルス発でアンテロープキャニオンへのチャーターですと所要時間や日数も限られてきて、料金も高くなってしまいます。
それでもせっかくなら。。。という事でしたらもちろんロサンゼルス発のチャーターもお見積り致しますのでお気軽にお問い合わせください!

ロサンゼルスチャーターページ

【アッパー】 アンテロープキャニオン

Image result for upper antelope canyon今や大人気の観光スポットになっているアンテロープキャニオン。 ツアーによっては片方のアンテロープキャニオンにしか行けれないので、 このツアーでしたら上下とも観光するので是非お勧めです。

一般のツアーでポピュラーなのがこの、 「アッパー」 アンテロープキャニオン。 午後になると日が差し、 キャニオンの隙間から光線のような光が見られます。 多くの写真かにも人気で、 ナバホ居留区 (ナバホ・ネイション)の観光ビジネス源にもなっています。 アンテロープキャニオンには個人で勝手に入っていくことはできず、 必ずナバホのツアーで訪れることになります。

【ローワー】 アンテロープキャニオン

最安値 ラスベガス発アンテロープキャニオン日帰り 日本語ガイドツアーローワーキャニオンは、 アッパーキャニオンから数キロ離れた場所に位置しており、 アッパーキャニオンを抜けた鉄砲水は平原で一度幅広い川となり、 パウエル湖に流れ込む直前に再び渓谷となっていきます。 ローワーキャニオンには階段が設けられていますが以前は、 一定の場所をロープやはしごで上っていました。 階段が設置されている現在も、長く狭い場所が多い上、全体を通して足場が悪いなどアッパー・アンテロープ・キャニオンと比べて難易度が高くアドベンチャー感満載です。

アンテロープキャニオン関連記事

コロラド川 ホースシューベンド

アメリカ合衆国南西部およびメキシコ北西部を流れる川で、ロッキー山脈西部の乾燥地帯を流れ、カリフォルニア湾へ流れます。 スペインの探検家メルコール ・ ディアス (Melchor Diaz)が1540年にヨーロッパ人で最初に探検しました。 コロラド川の下流では水がほとんど干上がってしまい、 ほぼ砂漠状態になっています。 そんなコロラド川が長い時間をかけて浸蝕しできた不思議な形状がホースシューベンド。 安全の為のフェンスや看板はないので十分ご注意ください。ですがその命がけの絶景はまさに圧巻です。

ホースシューベンド関連記事