アメリカでのチップに関して

チップについて疑問がある方も多いと思いますので、まとめてご案内させて頂きます。

 

チップとは?
 チップはアメリカの他、欧米や南米での文化となっています。日本の方が海外旅行でとくに困る事の1つではないでしょうか。チップはサービス業で働く人にとって大切な収入源となっています。サービスを受けたことに対する感謝としてチップを支払うようになっていますが、強制ではありません。日本人にとっては少々カルチャーショックな事ですが、チップが多ければその分サービスが良くなるというのは、海外では常識となっています。

始めから料金に含めればいいのでは?
日系のツアー会社やパッケージツアー等は「チップ込」となっているものも多くございます。ですがアメリカのサービス業では「チップ込」という常識はありません。あくまでもチップはサービス提供側とサービスを受けた側での意思によるものです。チップにより、ガイドの意欲やサービス向上に繋がるとても大切なものです。弊社でもガイドの質を高める為にもチップ制度を設けておりますのでご理解頂ければと思います。こう見ると、「ではチップを払わなければ悪いサービスなのか」という風に感じますが決してそうではありません。ご参加頂いたお客様にご満足頂けるようガイドはサービスを致します。その分ご満足頂いた分に対しの報酬となり、逆にチップを頂かない場合は何が悪かったか等の反省に繋がります。

いくら払えばいいの?
 あくまでもサービスに対する気持ちになりますので、「必ず」の額は決まっておりません。ですが、一定の目安は必要かと思いますのでご参考ください。

  • 送迎サービス:$5~
  • オプショナルツアー:$7~(満足度により)
  • プライベートチャーター:15%

お客様がツアー(サービス)にご満足されましたら、これよりも多くお支払い頂けますと幸いです。また、ツアー中にお客様のご希望でスケジュールと+αの場所へ行ったり、融通を利かしてもらった場合などは、チップ反映に繋がります。

いつ払う?
 サービス終了後、ガイドと離れる際にお渡しくださいませ。

サービスに満足できなかった
もちろんサービスにご不満がある場合はチップをお渡し頂く必要はございません。その際は、本人へお伝えいただくか言いにくい場合は弊社までご連絡くださいませ。すべてのお客様にご満足頂けるよう、努めて参ります。

【関連記事】

ツアーチップについてご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。